2016年11月05日

長男誕生の懐かし話 1

大阪・泉州・和泉市・黒鳥町
インテリア
内窓・二重サッシ
オーダーカーテン・オーダーカーペット
リフォーム
アロエベラジュース
キリム・ギャッペ・ライオンラグ
トライバルラグ・遊牧民の絨毯の
PATAPATAMAMA
パタパタママ です。

早いっあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
もう、11月5日やぁぁぁんダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

11月になったら、やはり、長男が生まれた時のことを
思い出します。。

今日は、生まれるまでの事を
思い出しながら、日記にしたいと思いますw

私、今では想像がつかないでしょうが・・・
もともと、

ただいま、大悟が身長140pくらいで
体重が35キロ弱です。。


私、今の大悟と同じ34キロだったんですexclamation×2exclamation×2exclamation×2
身長は156pだったので、かなりガリガリたらーっ(汗)

これは、病人です!!
ウエストも、会社の制服がないくらいで
51pしかなかったんです!!

パパに、頭より小さいし、両手で、とどいたよ!!
って・・・・

大悟を見てると、ホンマに信じられないですが・・

当時、あまりにも痩せてたんやけど
私自身はそんなにしんどくもなかったんですが
まわりの人に、「ちょっと痩せすぎ・・・」
そう、言われ過ぎて、気になり
病院へ行きましたダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

まぁ、とりあえず、内科にかかりました。。

すると・・

「女性ですので、一応、先に産婦人科へお願いします」
そう言われて・・・

行ったことのない、産婦人科にまわされて・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)

まぁ、そらぁ、あんま、嬉しくないわな!!!

おまけに、きっつい看護婦さんが
「なぁ、妊娠してるとかないでな!!」
「なぁ、もし、してたらどうするん??」
って、なんの、話やねんどんっ(衝撃)

で、検査を、してもらうと、

「生理ちゃんとある??」

「残念やけど、あんた、無排卵やから子供できへんで!!」

って、こいつ、なに、嬉しそうに言うてんねんどんっ(衝撃)

って、まだまだ、若かった私は、あんまり、深刻に思ってませんでした。

そのあと、内科にもどされて

「バリュームのんでもらいましょか・・・」
って、検査して・・・・

結果が悪すぎたみたい・・


「胃カメラ飲みましょか???」

って、胃カメラを当たり前のようにしました。

すると・・・・

胃潰瘍の跡がいっぱいやったみたいです
(意外と、デリケートな心の持ち主やからな)

「あんた、すごい、胃下垂やなぁぁぁ」
「これは、すごいわ!!!」

って、何が、すごいねん???

その時も、そう思ってました。。

で、結局

その時の、体温も、35.2度
で、低体温・・・

「改善しないといけないよ!!!」

でも、あんまり、深刻に考えずにいた私・・・

子供できないとか、子供大好きなのに、
その時は、なぜか、深く考え込まなかったんです

そして、数年して

なんか、体調わるいなぁぁぁ・・

そう思って、月のものもないし
まぁ、ないやろうけど・・・・
って、自分で、調べると、陽性反応わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

「マジで!!!!」って感じで大喜びしました
(なんで、出来ない!!って言われてたのにできたのか?)


それがわかったのが、22年前の3月末

なぁんにも、考えてない、かなりバカな私たちは

とりあえず、もう、アメリカで、挙式とか無理やから
こっちで、一番近い日にちの式場取りに行こう・・・

って、たまたま、一番近い所に行って
5月28日に勝手にとってきました。。。w

今考えると、メチャクチャやぁぁぁん  爆笑

てか、いきなり、結婚します!!!
そう、私の父に言った時
「来年くらいか???」
そう聞いてくる父に
「あぁ、再来月の5月にもう、式場とってるで!!!」
そう言うと・・・

「なんでや!!芸能人やあるまいし、もうちょっとおってくれ!!」

って、普段は無口な父が言ってきたのを思い出します

でも、容赦なく返事をする私・・・

「ゴメン、早よせぇな、お腹に、赤ちゃんいてるねん!!」

そう、返事すると

メチャクチャ肩を落として
自分の家に戻って行った父が忘れられません

それから、式が終わるまで

パパは、私の父に避けられてましたw

あんなけ、しょっちゅう一緒に飲んでたのにわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)



でも、あの時

長男が、私たちのもとへ来てくれてなかったら
今の、私ら家族は居てないねん!!!

お兄ちゃんが産まれるまで
ホンマに、バタバタの毎日でした

妊娠がわかった時、パパは、仕事してませんでした

5月28日の挙式の事も進めながら

慌てて、6月23日にこの店をOPENさせました

何もわからないことだらけやし
つわりで吐きっぱなしやし
妊婦とは、認めてもらえないような年齢の人の中での
OPEN準備・・・

よく、ドラマにあるようなことがいっぱいでした

「妊娠は、病気ちやうから、動けるで!!」

って、当時、OPENの時は
座る間もないくらいずぅぅぅっとお客様
(まぁ、座ったらあかん!!言われてましたけど)
合間に、つわりでトイレに駆け込むこともしょっちゅう

おまけに、家に、戻っても、絶対誰かが遊びに来てて
ゆっくりできないたらーっ(汗)たらーっ(汗)
(楽しかったけどな!!!)


ずぅぅぅっと、乗ってた
ランクル70

この車もお腹が心配で乗られへんようになるし

運転は出来たんやけど
ミッションやからお腹が心配で・・・
(産んでからは、ガンガン長男も乗せてました)
弘紀BD6.JPG

ホンマに、色々あったなぁぁぁ

今は、そう思えるから不思議  爆笑


お腹にいるのは、男の子?女の子??

そう、ワクワクしながら、準備したりしてたなぁ

毎週行かなあかんみたいに行ってたアメ村

パパの友達がアメ村の店にいてたので

必ず、誰かが来てて、約束もしてないのに、そのまま、合流して
ご飯いったり、飲みに行ったり・・

「当時は、まだ、携帯とか無かったしなぁぁぁ」

 
そんな話を子供たちにすると
「なぁんか、それはそれで、ええ感じもするなぁァ」
って、言うてますw


そして、週末は皆で、踊りに行ったり・・・
LIVEに行ったり・・・・w

ホンマに、お腹の中で、長男は大変やったと思うw

そんな、こんなで、生まれるその日まで
仕事していた私・・・・

早くから、「おりてきているからゆっくりしといてくださいね」

そう言われてました

でも、実際、そんなことしてられへんかった!!

でも、それが良かったんやろなぁァァ

骨盤が狭いから普通分娩は無理かも???

なんて言われながら

早くから、下のほうへ下がって来ていた長男・・・

産まれる日の話は後日・・・

思い出しながら、つづりたいと思います。。。


パタパタママ

和泉市黒鳥町3-3-45

電話:0725-46-4868

メール:info@patapata-mama.com






posted by patapata-mama at 12:09| Comment(0) | 日記