2016年11月14日

長男誕生の懐かし話3

大阪・泉州・和泉市・黒鳥町
インテリア
内窓・二重サッシ
オーダーカーテン・オーダーカーペット
リフォーム
アロエベラジュース
キリム・ギャッペ・ライオンラグ
トライバルラグ・遊牧民の絨毯の
PATAPATAMAMA
パタパタママ です。

今日は、雨雨雨

でも、そんなに不機嫌ではない私・・・

なんでか????

洗濯物が、少なかったからw
それだけです  爆笑

昨日は、空手の世界大会を観に行ってきました。。

IMG_0401.JPG

「ちぃちゃん、写真撮ろう!!」

そう言うと
さっと、トロフィーを持たせてくれる!!

やっぱ、かっこええわ!!!

いろんな物を見せてもらえた世界大会でしたるんるん

やっぱ、1つの事に一生懸命になってる人って
かっこええし、輝いてる!!!

ちぃちゃん、おめでとう!!!

今回、美帆の彼も出てました。。

この大会に出られるだけでもすごい!!!

その、出れる彼が身近にいてて
その前の心境や接し方
親でもなく、ただの娘の彼

それでも、いろんな思いが我が家の
空気の中にありました

うちの子は出てないけど
彼の、試合前の様子
試合後の様子を見てて
試合ってやっぱ、出たらなにか大きなものを
持って帰れるんやな!!!
そう感じました。。

試合前には、
「楽しむわ!!!」そう言ってくれたようです

メチャクチャカッコええやん!!

その彼への想いをどう出していったらよいのか??
考えながら、そばに行く美帆が可愛かったw
試合前に並んでいる彼を見て
「やっぱ、佑磨君かっこええ!!!」
やってw

よそ様のお子さんなので、これくらいでw

4年後、うちの子も、出れたら!!!
いや、出るから、私も、サポートできるよう頑張ろう!!


では、本題に・・・

長男が22年前に産まれるその時までの
懐かし話を書きますw

前回書いたように
毎日のように誰かが来ていた我が家!!
長男が生まれる25日
日が変わってもしばらくいてたんですが・・
なぜか、この日は、1時ごろに
「今日は、帰って寝るわ!!」
と、誰もいなくなってました。。。

みんなが帰ってからは
もちろん、後片付け・・・・
そして、そこからの入浴・・・

いつものように時間は過ぎて行ってたんですが・・
なぁんとなく
「今日、産まれそうな気がするけど・・」
そう呟いてました。。。

すると
パパは
「そうか!!!そうなんか!!!」
「ほな、寝られへんなぁぁぁ」
って、なぜかはしゃいではりました。。

でも、別に、その時は、お腹が痛いわけでもなく
なぁんとなくだったんです。。。

すると、3時過ぎには
いつもより、つわりが激しく・・・
おトイレから出れないかも??ってくらい吐いてました
「ん??????」
でも、なんとなくお腹が痛いような??

でも、無茶苦茶痛いわけでもなく・・・

でも、パパが「電話してみ」
そう言うので自分で電話をすると・・・

「初産婦さんですよね!!!」
「自分で普通に電話できてるし、まだまだやと思うので」
そう、あっさり切られてしまいました。。

電話を切って、パパにそのことを伝えると
「そうなんかぁぁぁ」と
二人とも初めての経験なので納得してました。。

すると、すぐに、
ん????
と、トイレに行くと、出血してました。。。

パパが、
「お前、電話したら、また、来んといてって言われるから
俺がするわ!!!」

で、電話がまた、面白い
「すんません。。。とりあえず、行かせてください!!」ってw

で、まぁ、10分もかからない病院へ行きました。。

明け方の4時くらいだったと思います

インターフォンを押して、カギを開けてくれるのが
なかなかやったし・・・

やっと、診察してもらえると思ったら、
なかなか、来てくれないし・・・

やっと、来た助産婦さんの一声目が

「えっ!!!もう、全開やん!!ここで、産む???」
ってexclamation×2exclamation×2exclamation×2exclamation×2exclamation×2


まじか???って感じでしたw

でも、私の返答は
「分娩室いけます」・・・・w

すると、
「担架持って来てもらうから待ってな!!」
って、助産婦さんあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

「いや、自分で歩けます・・・」
と、診察台から降りる私w

助産婦さんも、慌てて「こっち・・」と誘導してくれました

で、分娩室に入ると
「そのまま、私服でじゃないと間に合わんで!!」
って、私服のまま・・・w

もう、初めての私は、何が何だか???

でも、分娩台に乗って思ったこと

「寒い雪雪雪雪

普通に、帰ってもらうことになるやろうと思ってたみたいで
暖房が一切入ってませんでした。。

すると、そこへ、のんきな看護士さんが
分娩室に入って来て
私を見るなり
「嘘やろ!!!!初産やろ!!!」
やって

心の中で
(こいつや、電話とったやつ・・・)
そう思いました。。

看護士さんたちは、絶対すぐには始まらんと
勝手に思ってたみたいですw

そこからは、信じられへん!!!という言葉を
連発する看護士さんたち

陣痛の波を測定する装置?をお腹に付けてるんですが
「今、痛いでしょ????」
って、たずねる看護士さんに
「うん、ちょっと痛い!!でも、我慢できやんほどではない」
そう答える私に

「陣痛の波、最高になってるけど、この人、普通にしゃべってるわ!」
やって???

おまけに、しばらくしたら
もう1人看護士さんが入ってきました。。。

すると、
「カーテン屋さんやでな!!!」
って、まさかのお客様   爆笑

分娩しながら、
「店、いてない間どうするん???」
なんて、普通に、会話しながら
あっという間に

5時8分に産まれてきました

うちのパパは、
ここからが長いんや!!
ドラマの様なシーンを想像してたのに
いきなり
「元気な男の子が産まれましたよ!!」
って、なんやねん!!!

って感じやったそうですw

はじめから、そばにいてもらってもしゃぁないわ
と、立ち合いを一切考えていなかった私なので
私的には普通に流れていったような???
でも、スイカが鼻から出るくらい痛い!!
とか
障子のさんが歪んで見えるくらい痛い!!
とか
普通では考えられへんくらい痛い!!

そう聞いてたので

ん???痛いけど、我慢できるな!!
って感じで終わっちゃいました。。。w

私の母も、産まれそうってなったらいつでも
行けるように・・・そう毎日思ってたのに
いきなり
「産まれました」の電話で、ビックリやったみたいです

我が家の長男は、こんな時から親孝行やったんや!!

すぅぅぅぅっと生まれてきてくれて

パパが居る時に1番に逢えるように・・・
そう願ってた通りに



産まれた瞬間

ホンマに、ホンマに、この子のためやったら
なんでも、出来る!!!
たとえ火の中、水の中・・・
そんな感情がおもっきり沸いてたのを思い出します

弘紀、弘紀のおかげでママになれました

ママと、パパを選んできてくれてありがとう!!!

おめでとうは、誕生日の日にとっとくな!!!

おかんの好きなこの写真のっけるわ!!!

弘紀BD7.jpg

いくつになっても、可愛いわぁぁぁ  笑

パタパタママ

和泉市黒鳥町3-3-45

電話:0725-46-4868

メール:info@patapata-mama.com

posted by patapata-mama at 15:18| Comment(0) | 日記