2016年11月23日

カーペットとカーテンのお話とカーテン・シェードの洗い方

大阪・泉州・和泉市・黒鳥町
インテリア
内窓・二重サッシ
オーダーカーテン・オーダーカーペット
リフォーム
アロエベラジュース
キリム・ギャッペ・ライオンラグ
トライバルラグ・遊牧民の絨毯の
PATAPATAMAMA
パタパタママ です。


ふと気が付くと11月ももうすぐ終わり〜!!
ほんと、ビックリするぐらい早いです。
何だかせわしく思うのは
私だけでしょうか?



先日、お邪魔した堺市のK様

お家を買われて
カーテンをどこで買おうか
探している時

会社の人や知り合いに聞いたところ
全ての人が当店を進めてくれたようで

本当にうれしいです。
(たまたまやろけどね)

LDKには
キッチンが近くにあって
火が気になると言う事で
カーテンではなく
ダブルシェードで


無題.png


厚地を上げると…


無題2.png

せっかくの窓が隠れないように
たたみ代分 上に取り付けています。








寝室には
ウールのカーペットを
敷いて

IMG_1932.JPG
カーペットを敷いたら
お部屋の空気が綺麗になります。ホントです。
以前に書いた
『カーペットってほんまはきれい』




部屋の凸凹も
気になっていた
バリアフリーのドアも
クローゼットも
はしのミシンをその部分だけ
とってきれいに納まりました。




窓にはカーペットのイメージで

P1100794.JPG

ブラウンのカーテンです。








息子さんの部屋は
丈夫なナイロンのカーペットと


IMG_1933.JPG







窓付近に集まった
障害物の関係で
窓の内側に
ウッドブラインド


P1100791.JPG

少し前に出た
羽根にコードの穴の開いていない
スッキリタイプです。









もう一つの洋室には
同じくナイロンのカーペットと
大きなウオーキングクローゼットの
ドアが当たるので

P1100788.JPG


カーテンレールを1重正面に
1重窓の中に収めました。 


新しいお家にワクワク
楽しそうにしている
ご家族のお手伝いができてうれしいです。









さて、今回のブログのタイトルにもあった
カーテンとシェードの洗い方


毎年、ここに書かせてもらっているんですが
今年はいつもよりタイミングが早いです。

この時期になると
以前お世話になった方や
新しいお客様の
吊り変えが多くなって来るんですが

毎年、数組 年末ギリギリで
メーカーも営業を終えていて
年内納品が間に合わない方が
出てきます。

年末ギリギリに
カーテンを洗ったら…

『レースやぶれたぁ〜』

特に吊って10年くらいの方が多いです。

年末までに
カーテンを洗おうと思っている方
早い目に洗った方がいいです。

長くなりましたが
カーテンとシェードの洗い方です。


カーテンの洗い方

@ カーテンの裏に付いている洗濯シールをご確認ください。
(洗濯機のマークがある事を確認して下さい。)

A ホコリを良く払ってフックを全てはずして下さい。

※厚地のカーテンとレースカーテンのフックの形が
違う場合が多いです。
入れ替わらないように注意してください。

B 一度に洗濯する量は1、2枚程度にして下さい。

C 洗濯用ネットをご使用下さい。

D 水量は『最大』 水流は『弱』にします。

E 脱水は短時間(水がしたたらない程度)かけて下さい。
脱水が一番生地を傷めます。
かけすぎるとシワや型くずれの原因になります。

ようは、カーテンの量はなるべく少なく水の量はなるべく多く
生地の負担を少なくして洗って下さい。


F カーテンを吊っていたカーテンレールに吊って干して下さい。
乾ききる前に、端のミシン目を軽〜くひっぱり
カーテンのウエ―ブの形を整えて下さい。

H年数の経ったカーテンは、生地が傷んでいる事がありますので
洗濯機で洗える生地でもやさしく手洗いして下さい。






シェードの洗い方(生地のはずし方)

@ シェードを下まで降ろしコードアジャスターと
ヒモの境目に消えないペンで印を入れます。
(※これ、大事です!)
howto_img08.png



A最下部のコードアジャスターからヒモをほどき
コードアジャスタをリングテープからはずします。

リング.png



B 下部のウエイトバーを抜き取ります。
(はしっこに、バーが抜ける場所があります。)

バー.png



C 生地をメカからとりはずします。
マジックテープで付いているので簡単です。

生地.png



※これ、とっても大事です。

D 生地を外している間、必ず昇降コードは
束ねてむすんで下さい。
メカからヒモが抜けると大変です。

ヒモ.png



Eカーテンと同じ要領でやさしく洗って
生乾きのまま機械に付けて下さい。
生地が乾いてから生地の裏のリングに
コードを通し、外した時と逆の手順で
コードを付けて下さい。

@で付けた印から巻き始めると
元通りきれいに上がります。

何度か、上げ下げして
まっすぐ上がるか確認して下さい。
ななめに上がる場合は
巻いているヒモを調節して下さい。


お役にたてればうれしいです!


※『ここ、ややこしい…』っと言う所
写メに撮る事をお勧めします。



『どうしても、わからんやん!』っと言う方や
『レースやぶれた〜!!』っと言う方
『そろそろ、古いし 洗うのジャマ臭いからサラにしょう!』
っと言う方は


パタパタママ

patapatamama

電話:0725-46-4868

和泉市黒鳥町3−3−45


プロフィール2.jpg

posted by patapata-mama at 12:39| Comment(0) | カーテン・シェード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: